デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

水槽のプラン
  アクアリンク
アクアアート アクアリンク
デザインK2
水槽サイズ ~60cm 61.5㎝
※K600
60cm
※T-V600
初回設置費用 無料 無料 40,000円
レンタル費用 14,800円 38,000円
※K600
25,000円
公式サイト

※東京にショールームをもっている業者から、初回設置費用の安い3社を選定。

円柱水槽を使ったアクアリウム

このページでは、円柱水槽の魅力や美しさ、特徴、レイアウトのコツや扱い方などについて解説しています。円柱水槽のアクアリウム導入を検討している方は、ニーズに合った選択をするためのヒントとして、ぜひお役立てください。

円柱水槽とは

円柱水槽は、主に大型のパイプを使用した水槽です。パイプはアクリル製です。中には、アクリル板を円柱状になるように曲げてつなげられているものもありますが、この製造方法ではどうしてもつなぎ目ができてしまうため、美観的にはマイナスとなります。

大きなサイズの円柱水槽はオーダーメイド

家庭用の円柱水槽であれば市販されていますが、それだと、ほとんどが小型のものです。ですから、大型のオリジナルタイプのものを導入する場合には、基本的にはオーダーメイドというかたちになります。その際、水槽だけでなく、水槽代やろ過槽、天蓋なども必要になってくるため、コストは高めになります。

円柱水槽の魅力

グルリと一周 360度のパノラマで楽しめるのが、円柱水槽の最大の魅力だといえます。美しさだけでなく、圧倒的な迫力や存在感も楽しめるでしょう。さらに、円柱であるため、子どもが角にぶつかってしまうといったようなリスクもありません。

さまざまな空間になじむデザイン性の高さ

角のない円柱の優しいフォルムをもつ円柱水槽は、音楽ホールやホテル・オフィスのエントランス、クリニックの待合スペースほか、レイアウトする場所を選びません。どんな空間にも合うデザイン性やインテリア性の高さが、おおきな魅力となっています。

円柱水槽の取り扱い方

円柱水槽の場合は360度どこからでも鑑賞できる構造になっているので、水槽内の流木・水草・岩組の設置位置は、中央を盛りたてる形状にすることが大切です。また、この形状であればオーバーフロー式が採用されていることが多い円柱水槽の配管を自然に隠すことも可能になります。

メンテナンスの難易度は高め

大型タイプが多い円柱水槽は、メンテナンスが容易ではないというデメリットがある点も、把握しておきましょう。脚立を使っても水槽の底まで手がとどかないため、マジックハンドなどのアイテムを使用します。必要であれば、専門業者に相談するのもひとつの方法です。

まとめ

どこから見ても美しさを楽しめるオシャレな円柱水槽はとても魅力的です。ただ、コスト面や扱い方、メンテナンス面などの問題もあるため、市販されている小型タイプのものから試してみるのもよいかもしれません。

デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

自宅のインテリアにしたいデザイン水槽「アクアリウム」を徹底リサーチ
自宅でインテリアとしての水槽を楽しむ、アクアリウムについて調べた内容をまとめてみました。アクアリウムの魅力から完成までの道のり、費用、レイアウトの参考になる事例画像も集めました。じっくり時間をかけて生態系をつくる自作水槽も素敵ですよね。そして、知人を家に呼んで自慢できるデザイン性の高いアクアリウムを、手間なく楽しみたい人はプロに任せるのがオススメですよ。

【免責事項】
「水槽をインテリアに!アクアリウムガイド」は2014年12月の情報を基に作成しています。参照した口コミや画像の引用元、最新の情報に関しては、必ず公式サイトをご確認ください。

水槽をインテリアに!アクアリウムガイド