水槽をインテリアに!アクアリウムガイド
HOME » 癒しの空間を演出するアクアリウムインテリア集 » アクアリウムを病院に設置する効果

アクアリウムを病院に設置する効果

アクアリウムを導入する病院が増えています。癒し効果や病院の雰囲気づくりなど…導入することで感じられるメリットがたくさんあるからです。病院でアクアリウムを導入した事例や、どんな効果があるのか、設置するべき場所やトラブルについてご紹介します。

病院にアクアリウムを導入するメリット

病院の雰囲気が良くなる

病院に楽しい気持ちで訪れる人はほとんどいません。病気を抱えていたり、何か心配があって訪れることになります。病院内はそういった人たちの雰囲気も合わせて暗くなりがち。しかし、アクアリウムが1つあるだけで病院の雰囲気はうんと明るくなります。あの病院は雰囲気が良かったから…と次に病院へ行く機会があったときにも、イメージが良かった印象が残ればまた来院しようという気持ちになるでしょう。

待ち時間をゆっくり過ごしてもらえる

病院では、待ち時間が発生してしまうこともしばしばあります。特に人気がある病院は数時間待ち、なんてことも。その間何もすることがなくイライラしている患者さんも多いです。イライラは患者同士の思わぬトラブルを起こす可能性もあります。アクアリウムがあれば、待ち時間に眺めていることで時間も感じづらく、そして何より心が穏やかになりイライラしづらくなるはずです。

特に、子供は長く待っていることができません。泣いたり走り回ったりしたくなるものですが、アクアリウムがあれば子供も注目して眺めるようになり、落ち着いて待ち時間を過ごしてもらえますでしょう。

アクアリウムセラピー効果

インテリアとしてだけではなく、患者さんの心に働きかける役割もアクアリウムにはあります。アクアリウムセラピーという言葉があるのはご存知でしょうか?病気療法で、イルカ療法と呼ばれるものが注目されています。また、犬や猫などペットを飼ったり触ったりすることで心が落ち着くというような実験も行われており、アニマルセラピーが注目されていますよね。それと同じような役割を持っているのがアクアリウムセラピーです。

ゆったりと水の中を泳ぐ魚を眺めているだけで心が落ち着き、ストレスも緩和されるというものです。アクアリウムを眺めていると、脳から睡眠導入時に出るシータ波が出されるため、深いリラックス効果を期待できるでしょう。

ストレスに対してどんな効果があるかを実験した結果をご紹介します。

アクアリウムの存在がストレス緩和に与える影響について検討するために、気分評価、唾液アミラーゼ値及び心拍データ(RR間隔、HF成分、LF/HF)についてアクアリウムの有無と測定時点(作業前・作業後・休憩後)を要因とした.二元配置の分散分析を行った。その結果、全ての尺度・指標においてアクアリウムの有無による有意な卞効果及び測定時点との有意な交互作用は見られなかった,そこでアクアリウム条件における休憩時間中のアクアリウム注視時間と気分評価、生理指標の差(休憩後一作業後)の関連について順位相関を用いて検討した結果、LF/IIF値において有意な相関がみられ(ρ=−0.568,p<.05)、注視時間が長いほどLF/HF値が低い傾向が見られた(図6)。これはアクアリウムの注視時間が長いほど生理的なストレス緩和効果が大きいことを示しており、アクアリウムのストレス緩和効果が生理反応に現れたと考えることができる。

出典:アクアリウムの注意回復効果について

とのこと。アクアリウムによってストレス緩和効果があることがわかりますね。

また高齢者の興味も高まり、アルツハイマー患者の治療にも効果が認められたのだとか。アクアリウムの効果が注目されており、これからますます広まっていくでしょう。

効果を感じられる診療科目とは?

アクアリウムは心を穏やかにしたりストレスを軽減したりといった効果が発揮されるため、やはり精神内科や心療内科などでは必要といえます。見ているだけで癒される、心が穏やかになる、ストレスが軽減される、という効果が感じられるでしょう。もちろん医師による診察で治療をすることも大切ではありますが、病院におとずれるたびにアクアリウムで癒し効果が得られていれば、より回復力を高めることができるでしょう。

事例1

埼玉県のクリニックに設置されたアクアリウムです。幅は120mm、奥行きは200mm。院内に設置されるアクアリウムとしてはとても薄型のアクアリウムとなっています。水槽台の一部を本棚にしているのが特徴です。本を手に取るときにはふと見上げるとアクアリウムがあり、そして本を戻すときにもアクアリウムがあります。意識しなくても自然と目が行きやすいでしょう。とてもスリムで場所をとらないので、待合室に置きたいけれど場所が…と考えているクリニックでも、設置しやすいですね。小さなクリニックでもおすすめです。

事例2

小児科クリニックでのアクアリウム導入事例です。ポイントはムーミンとのコラボ。半分を水槽にし、もう半分をムーミンのジオラマにしています。そしてムーミンが釣りを楽しんでいるような演出となっています。大人でもワクワクするような作りで、子供が見ると釘づけになること間違いなし。

子供にとって病院の待ち時間は退屈な時間ですが、アクアリウムがあるだけで待ち時間も楽しく過ごせるようになりますね。

 

病院でアクアリウムを設置する場所

待合室

病院でアクアリウムを設置する場合、待合室に設置する例が多いです。待合室は病院の顔でもあり、訪れた人が最も長く滞在する場所、といってもいいでしょう。病院に入って待合室にアクアリウムがあれば、その時点で患者さんの心を穏やかにします。ポイントは、誰もが気軽に眺められる場所に設置することです。待合室の中でも一部の人しか眺められない、奥まったところにある、となるとアクアリウムの意味がなくなってしまいます。できるだけ目立つところに設置しましょう。もちろん安全管理もしっかりとしたうえで設置する必要があります。

診察室

診察室にアクアリウムを導入する病院は少ないかもしれませんが、診察に対して恐怖を感じていたり緊張したりする人も多いです。そんな時に視界にアクアリウムがあるだけで、少しリラックスして診察を受けることができるでしょう。ただし診察の邪魔にならないよう、小型でスリムなものがいいですね。

アクアリウムを設置してから起こるトラブルや注意事項

水質が汚れてしまう

アクアリウムは美しさが命です。特に病院に設置する場合は、多くの人の目に触れますし、アクアリウムセラピーとしても役割もありつつ、病院のインテリアとしての意味も持っています。常にきれいな状態を維持しておかなくてはいけません。水質が汚れてしまうと、それだけで見た目も悪くなり、アクアリウムの効果が失われてしまいます。定期的なメンテナンスは必要です。業者に設置してもらい、毎月のメンテナンスもお任せできると楽で安心ですね。常にきれいな状態を維持したいのであれば、業者にお任せすることをおすすめします。

熱帯魚が死んでしまう

元気で優雅に泳いでいる熱帯魚がいないと、アクアリウムの存在する意味はなくなってしまいます。熱帯魚はとてもデリケートで、水槽内に状態によっては元気に生き続けることができません。見た目はきれいで問題がないように思っていても、熱帯魚が生きていくために必要なことができていない可能性も。その場合はやはりプロにお任せして、ベストな状態を維持し、魚が元気で動けるような水槽づくりをしてあげましょう。

デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

自宅のインテリアにしたいデザイン水槽「アクアリウム」を徹底リサーチ
自宅でインテリアとしての水槽を楽しむ、アクアリウムについて調べた内容をまとめてみました。アクアリウムの魅力から完成までの道のり、費用、レイアウトの参考になる事例画像も集めました。じっくり時間をかけて生態系をつくる自作水槽も素敵ですよね。そして、知人を家に呼んで自慢できるデザイン性の高いアクアリウムを、手間なく楽しみたい人はプロに任せるのがオススメですよ。
 
水槽をインテリアに!アクアリウムガイド