水槽をインテリアに!アクアリウムガイド

家族の憩いの場に

水槽は家族の憩いの場に設置したいインテリアのひとつ。自宅にアクアリウムを設置した画像を集めてみました。

家族の憩いの場に!癒しのアクアリウムの設置事例

自宅のインテリアとして注目されている、デザイン性の高いアクアリウム。かわいらしい魚が泳ぐ水槽は、家族で楽しむことができます。心和む水槽があることで、いつでも家族がそこに集まる。そんな憩いの場を演出してくれるのではないでしょうか。

ここでは、そんな家族の憩いの場に水槽を設置した事例を紹介します。

 

事例1:ペット感覚?スリットから見えるクラゲの透明感

家族の憩いの場に!癒しのアクアリウムの設置事例

間仕切りのなかに埋め込まれた、高さ1,500mmの特注水槽。それも水槽全面を見せるのではなく、スリットから水槽の中が見え隠れするという発想の面白い設計になっています。

中にはユーモラスな動きのクラゲが泳いでおり、いつでもその姿を楽しむことができます。

 

事例2:家族みんなが集まる水族館が誕生

家族の憩いの場に!癒しのアクアリウムの設置事例

広いリビングに対しても際立つ存在感を出している、横180cmの美しいアクアリウム。壁にキレイに埋め込み、機器やケーブル類を露出しない工夫がされていて水中だけを鑑賞できるのが特徴です。

家族の集まる中心には、いつもプライベート水族館があります。

 

事例3:こんなこともできる!造花をつかった芸術的なアクアリウム

家族の憩いの場に!癒しのアクアリウムの設置事例 家族の憩いの場に!癒しのアクアリウムの設置事例

玄関付近によくあるのが、壁の凹みスペース(花瓶などを飾ってあることが多い)。アクアリウムのプロに依頼して、既存の水槽では埋め込むのが難しい状況でも、ミリ単位で独自設計したアクアリウムを設置することを実現したのだとか。

そして、水中で造花を使うデザインは画期的!インテリア水槽業者のなかでも「アクアリンク」という専門業者だけが、独自に開発した特殊な造花を使っているのだそう。

一般的な水草ではなく、このように造花を使って芸術的な空間をつくりだすアート技術は、生活の豊かさを何倍にもしてくれますね。

 

デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

自宅のインテリアにしたいデザイン水槽「アクアリウム」を徹底リサーチ
自宅でインテリアとしての水槽を楽しむ、アクアリウムについて調べた内容をまとめてみました。アクアリウムの魅力から完成までの道のり、費用、レイアウトの参考になる事例画像も集めました。じっくり時間をかけて生態系をつくる自作水槽も素敵ですよね。そして、知人を家に呼んで自慢できるデザイン性の高いアクアリウムを、手間なく楽しみたい人はプロに任せるのがオススメですよ。
 
水槽をインテリアに!アクアリウムガイド