水槽をインテリアに!アクアリウムガイド
HOME » 癒しの空間を演出するアクアリウムインテリア集 » 非日常的な空間を演出する飲食店のアクアリウム導入事例

非日常的な空間を演出する飲食店のアクアリウム導入事例

飲食店とアクアリウム

飲食店を選ぶ上で、重視するのが雰囲気ですね。その雰囲気をぐっとアップさせてくれるのがアクアリウムの存在です。おしゃれなバーでも、家族連れが多いレストランでも、それぞれの雰囲気あったアクアリウムがあります。飲食店にアクアリウムを導入したことで、よりお客さんが集まりやすくなったという声も多いため、導入して、多くの人が訪れたくなる飲食店を目指しましょう。

飲食店にアクアリウムを導入するメリット

集客力がアップする

アクアリウムがあるお店、というだけで話題性は抜群です。インターネットのサイトに掲載する写真にも使うことができますよね。新規でお店を探している人にとって、決め手となるのは料理と思いがちですが、正直言って料理はどこも同じように感じてしまう…というお客さんも多いです。じゃあどこで決めるのか…というとお店の雰囲気ですね。アクアリウムがあるだけで、ステキなお店という印象がつき、ここを予約してみようか…と新規のお客さんをゲットするきっかけになります。またアクアリウムを見てくれたお客さんも、あのお店確かアクアリウムがとってもきれいだったからまた行ってみようかな?という気持ちになりやすいです。リピーターさんをゲットするためにも役立ってくれるでしょう。

働く人々の癒しになる

お客さんに対する効果だけがアクアリウムパワーではありません。働いている人にとっても、アクアリウムが視界に入ることで自然とリラックス効果があります。忙しい時間帯にミスがあったり、忙しすぎて心に余裕がなくなったり…働いている側も人間なので、感情の浮き沈みはあります。そんな時、アクアリウムがふと目に入るだけでも、少し心がほぐれるといった効果が。もちろんじっくりとみている時間はないかもしれませんが、殺風景な壁に囲まれているよりも、明るい光を放って魚が優雅に動いている姿を目にできるほうが、心にゆとりをもって仕事ができるでしょう。

子供にも落ち着いて食事をしてもらえる

子供連れでは、外食に行くのも大変…と思っている人はとても多いです。子供はじっと座っているのが苦手なので、親もゆっくりと食事をすることができないからです。子供を座らせておくために、最近はスマートフォンで動画を見せるなんて親も多いですが、できれば一緒に座って、ゆっくりと家族の食事を楽しみたいはず。アクアリウムがあれば、子供はとても強い興味を示してくれるでしょう。アクアリウムの近くの席を案内してあげることで、親もゆっくりと食事ができます。また、子供も退屈することなくアクアリウムを眺めながら時間を過ごしてくれるはずです。

アクアリウムのある飲食店というと、大人向けのおしゃれな空間を思い浮かべるかもしれません。しかし、それだけではありません。家族連れのお客さんを増やしたいというときにもおすすめです。子供目線に立って、動きが面白くて目が離せなくなるような魚を見つけるとか…子供が好きそうな魚選びができるといいですね。

滞在時間が長くなる

飲食店にも様々な種類があり、回転率を高めていっぱいお客さんを集めるといったお店もありますが、客単価をあげてゆっくりと過ごしてもらえる飲食店もあります。特に後者を考えている、これから増やしていきたいお店には特におすすめ。魚を鑑賞する時間が増えるので、ゆっくりとお店の中で過ごしてもらえるでしょう。そして、滞在時間が長くなれば注文をする量も増える可能性があります。少しお話したり魚を見ているうちにお腹がすいてきて、もう1つ頼もうか…となれば客単価は上がりますよね。こういったちょっとしたところから、飲食店としてはとてもうれしい利益が生まれるはずです。

待ち時間のイライラを和らげる

飲食店で混んでいる時間帯は、お客さんを待たせてしまうことも。明確に席を立つ時間が決まっていないため、どれぐらい待ってもらわなくてはいけないのかはっきりと伝えることもできません。待っている側も、あとどれぐらいで席が空くのかわからずにイライラしますし、お腹もすいてくるので余計に気が立ちやすいでしょう。待ち時間のイライラを和らげるためには、飲食店の入り口にアクアリウムをおきましょう。魚を眺めていると時間の流れを忘れられますし、イライラしている心も和らぎます。

お客さん同士のプライバシーを守る

アクアリウムは、視線を遮るためにも使えるアイテム。隣の席の人と食事をするときに目が合っている…なんて状態では落ち着いて食事をすることができませんよね。席の配置によっては、隣の人に限らず少し離れた場所に座っている人と、視線が合いやすい…なんてことも。そういった気まずさを取り除くのもアクアリウムの役目です。アクアリウムがあるだけで視線が合いづらくなります。壁のように全く見えないわけではないので、圧迫感が出ることもありません。広い空間でありながら、さりげなく視線を遮ってプライバシーを守る席を作ることができるでしょう。

飲食店でアクアリウムを導入するポイント

清潔感が何より大事

アクアリウムを導入することで、お店の雰囲気がぐっと良くなります。しかし、気を付けなくてはいけないのは、決して魚が死んでいる状態をお客さんには見せないこと。魚にも寿命があるので、きちんとお手入れをしていても死んでしまう魚がいるのはある程度仕方がないといえるでしょう。でも、アクアリウムの中で死んでいる魚を目にしたお客さんは何を思うでしょうか?なんだか嫌な気持ちになりますし、特に飲食店では避けなくてはいけません。もちろんどんな業種でもアクアリウム内に死んだ魚がいる状態は避けるべきですが、飲食店では特にそうである、と考えてメンテナンスをしっかりとしておきましょう。

メンテナンスをするのが面倒というときには、業者に頼んでしまったほうがいいですね。水質管理をはじめ、毎月のメンテナンスで常にきれいな状態を維持できます。魚の入れ替えなどもお任せできるので、季節に合わせて…やお店の雰囲気に合わせて選んでもらえるでしょう。また、導入の段階から相談して進められるので、どんなデザインがいいか、どこに置くのが効果的なのかといった相談にも乗ってもらえます。

邪魔にならない場所に置く

アクアリウムを導入するとなれば、できるだけ目立つところにドーンと置きたいと考える人も多いでしょう。もちろん、あまり目立たないところに置いて、お客さんの目が届かなくては意味がありません。とはいえ、邪魔人になる場所に置くのも考え物です。店員同士が料理を運ぶのにぶつかってしまっては危険ですし、お客さん同士の移動もスムーズにできないような状態では好ましいといえませんよね。スムーズに動くことができて、なおかつ存在感を出せる場所に置くことを考えましょう。

大型の魚はできれば避ける

せっかく大きな水槽を置くのだから、魚も思い切ってダイナミックにと考えるでしょうが、ダイナミックさがお客さんの不安につながる可能性もあります。大きな魚を目の前にすることに恐怖を感じる人もいます。特に飲食店はゆっくりと食事をする場所なので、その不快感で食事をするのがつらい…となってしまっては、お店としても悲しいですよね。せっかくご飯を食べにきてもらったのに、食べてもらえない…なんてことになりがち。

そういった問題が発生しないように、飲食店のアクアリウムにおすすめしたいのは小さな魚です。そして、色合いが明るめのものをおすすめします。普段口にするような魚には絶対にないような、小ささや色合いを入れることで多くの人に受け入れてもらえるでしょう。また鮮やかな色を見ることで食欲がアップするとも言われています。大型なものや色が暗めのものは避け、観賞魚として人気の魚を入れるようにしましょう。

飲食店でアクアリウムを導入した事例をご紹介!

事例1

事例1の飲食店は、和食割烹のお店です。カウンターテーブルにアクアリウムが設置されました。アクアリウムというと中で魚が泳いでいることが当たり前のような気がしてしまいますが、こちらの水槽はエアーだけ。魚はいません。天然木で横幅が約3mというカウンターに設置されています。今までは、カウンターから厨房が丸見え。丸見えであっても、見せるタイプの厨房であれば問題はなかったのですが、このお店の厨房は見せるタイプではありませんでした。シンクがむき出しになっており、できれば見られたくない厨房。

どうしたら美しくなるのか…圧迫感なく厨房を隠すことができるのかを考え、エアーパネル水槽となりました。エアーパネル水槽とは、エアーだけの水槽です。エアーパネルを用いてカウンターと厨房の間仕切りとして機能しています。魚などを入れることはできないようになっており、泡の動きを楽しむインテリアとなります。カウンターの上に乗せる形でエアーパネル水槽を設置しており、アクアリウムで厨房側も少し透けて見えるようになっているのがポイント。作り手がそこにいるのを感じながら、手元やむき出しの厨房はお客さん側から見えない…という絶妙さ。

青い光を使って水槽そのものをライティングしていますが、この光がカウンターで食べるお酒や料理を美しく見せてくれます。また、室内照明の一部ともなりますね。導入したエアー水槽は、サイズも自由に設計可能。エアーだけなので、メンテナンスも不要です。

という事例です。アクアリウムの中でも少し変わった事例ではありますが、魚がいないことで料理のイメージを邪魔することなく、目の前に水槽があってもおいしく料理を食べられるのではないでしょうか。そして何より、メンテナンスが不要というのも大きなポイントです。魚がいると、お手入れが面倒…と感じる飲食店も多いですが、エアーだけならそういった心配もありませんね。

さりげなく隠すこともできて、でも向こう側で料理を作ってくれている…お客さんにとってもその距離感がちょうどよく、安心して食べられる空間となっているでしょう。

事例2

事例2の飲食店は、繁華街にあるダイニングレストランです。導入されているアクアリウムは、180㎝の海水魚水槽。ブルーに光り輝いてとても美しい印象です。水槽を設置している場所は、入り口を入ってすぐの場所です。入口は道路に面しており、ガラス窓になっているので、通行人からも注目を浴びる位置ですね。夜は照明がバッチリと入って青く光り輝いてくれます。アクアリウム水槽を導入するにあたり、避けられる場所は光が差し込む場所。太陽光が差し込むと、水槽内にも光が当然差し込みます。そうすると心配なのがコケですね。コケが繁殖すると、水槽が汚れて汚く見えます。海は太陽光がたっぷり降り注いでいても、どうしてコケが繁殖しないのか…それは水の水量と太陽光の量のバランスが自然と保たれているから。でも、水槽と太陽光のバランスはとることができず、水槽内でコケが発生してしまいます。

それでも外から見える位置に置くことにこだわったのがこの水槽。天井にレーザーを埋め込んで光を演出しているのが特徴です。 といった事例があります。通常は難しいようなアクアリウムであっても、毎月のメンテナンスがちゃんとあるからこそ、安心して任せられますね。導入する場所の相談も可能となっているので、どこにアクアリウムを置けばいいのか迷ったときは相談してみましょう。

事例3

事例3の水槽は、球体の金魚鉢水槽。和食ダイニングのお店に設置され、まるで芸術品かのようなオーラを放っています。お店に入ったすべての人が、目を奪われるような水槽です。とてもインパクトのある水槽でありながら、とてもシンプルな球体水槽を光と中身でアレンジしています。その1つとして、竹があります。天井から突き刺さっており、本物の竹です。輪の象徴でもある竹を使っています。竹には笹の葉を巻いており、水中までツルを落とし込んでいます。

さらに、センターをぐるっと囲んでいるのが和紙と紙ひも。神々しさをアップさせる要素となっています。LEDは七色にグラデーション変化をしており、天井に仕込まれていることでよりアートらしさがアップしています。

といった事例です。インパクトがあるからこそ、飲食店ではひときわ映えます。決して風景に溶け込まない、存在感のあるアクアリウムも飲食店にはマッチするでしょう。和食ダイニングであることを印象付ける素材を使ってデザインされているのも印象的ですね。

デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

自宅のインテリアにしたいデザイン水槽「アクアリウム」を徹底リサーチ
自宅でインテリアとしての水槽を楽しむ、アクアリウムについて調べた内容をまとめてみました。アクアリウムの魅力から完成までの道のり、費用、レイアウトの参考になる事例画像も集めました。じっくり時間をかけて生態系をつくる自作水槽も素敵ですよね。そして、知人を家に呼んで自慢できるデザイン性の高いアクアリウムを、手間なく楽しみたい人はプロに任せるのがオススメですよ。
 
水槽をインテリアに!アクアリウムガイド