水槽をインテリアに!アクアリウムガイド
HOME » おしゃれな水槽ではじめるアクアリウム入門 » 自分でやるメンテナンス作業一覧

自分でやるメンテナンス作業一覧

毎日のことから週単位、月単位ごとに、自宅にあるアクアリウムのメンテナンス作業をまとめました。

アクアリウムの維持に必要な作業一覧

アクアリウム イメージ 画像道具を整え、水質を調整して水槽を立ち上げたら、いよいよ魚を飼い始めることができます。でも、これで作業がおしまいというわけではありません

アクアリウムを始めた後は、毎日、あるいは毎月のメンテナンスを自分でしなければなりません。「それが楽しい」という方もいますが、ちょっと大変かも?では、具体的に自宅でどんな作業が必要か見ていきましょう。

 

毎日のメンテナンス

魚のえさやり

基本的には、毎日の作業としてはえさやりだけだと思います。

水草の発育状況によっては、肥料を与えることもあります。これは液体肥料を入れるだけなのですぐ済みます。

照明のオンオフはタイマーで自動的にやってくれるので、気にしなくてOKです。

 

週単位のメンテナンス

水換え

水質が落ち着いたら、週に1度から2週に1度は水替えが必要になります。水槽の立ち上げ直後は1日1回必要です。

コケ掃除

水換えのタイミングで、水槽のガラス面をスポンジでこすります。コケの生えにくい環境なら、もう少し回数を減らすことも可能だと思います。

水草のトリミング

2週~1ヶ月に1度くらいは、水草を切ります。育つのが早い水草はトリミングが必要になるのも早いので、種類を工夫するとトリミングの手間も減ります。

 

月単位の作業

ろ過フィルターの掃除

水をろ過するフィルターは数か月~半年に1度は掃除をする必要があります。これがけっこう手間で、30分~1時間ほどはかかるでしょうか。

水槽のリセット

ソイルの栄養分がなくなってきたと思ったり、レイアウトを変えたいと思った時は、水槽の立ち上げを新しくすることになります。

ソイルの栄養は1年ほどが目安なので、少なくとも1年に1度はリセットをすることになります。肥料を追加すれば少しはもちますが、いずれソイルが型崩れをして水がにごりやすくなってしまいます。

メンテナンスを怠ると…

アクアリウムのメンテナンスを怠ると…毎日、週単位、月単位とかなりの手間がかかるアクアリウム。よく聞くのが「初めは楽しかったけど、忙しくなったらだんだんおざなりになった」というもの。ろ過材やフィルター交換、コケの掃除などを怠ると、みるみるうちに水槽内の水が濁り汚れていきます。

ハッキリ言って、汚れたアクアリウムは設置した本来の目的を果たしていません。水槽がただの大きな置物と化すのは、飼育者も魚も悲しいことです。

また、魚が死んだ場合は新しい魚を買いに行かねばなりません。もちろん費用と手間がかかります。

 

アクアリウムは専門家に任せるのがベスト!

指さし イラスト毎日のえさやりくらいなら、それほど手間はかかりません。えさをやりながら水槽を眺めるのも楽しいでしょう。

ただ、水換えや掃除はとても大変!最初の1~2回は楽しいかもしれませんが、慣れてくると面倒で、ついついサボってしまったり…。自宅の場合に多いのが、忙しいと時間もとれずに、水槽がどんどん汚れていってしまいます。忙しい日々の癒しのためのアクアリウムなのに、手間が増えてしまっては残念ですよね。

そこで検討したいのが、専門家のメンテナンスサービス

面倒なメンテナンスを一括して委託できるので、私たちはアクアリウムの楽しいところだけを味わうことができます。毎月、定期的にきてもらうこともできるし、来てもらった際に「こんな雰囲気に変えたい」「あんな魚を入れて楽しみたい」といったリクエストもできちゃいます。まさに、自分専任の水槽コンシェルジュってところでしょうか。

メンテナンスは専門家に任せて楽しむのがオススメです。

プロがやっているアクアリウムサービスとは≫

忙しい日々の癒しのためのアクアリウムなのに、汚れたり、手間が増えてしまっては残念ですもんね。

デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

自宅のインテリアにしたいデザイン水槽「アクアリウム」を徹底リサーチ
自宅でインテリアとしての水槽を楽しむ、アクアリウムについて調べた内容をまとめてみました。アクアリウムの魅力から完成までの道のり、費用、レイアウトの参考になる事例画像も集めました。じっくり時間をかけて生態系をつくる自作水槽も素敵ですよね。そして、知人を家に呼んで自慢できるデザイン性の高いアクアリウムを、手間なく楽しみたい人はプロに任せるのがオススメですよ。
 
水槽をインテリアに!アクアリウムガイド