水槽をインテリアに!アクアリウムガイド

レイアウトのコツ

アクアリウムのレイアウトについて、基本から照明、コケ対策までを解説。ちょっと変わった水槽の例も紹介!

ココだけは押さえたい、アクアリウムのレイアウトのコツ

アクアリウムをはじめるにあたって、もっともセンスが問われるのが水草や石、小物などのレイアウト。ずっと眺めていても飽きないような美しいレイアウトにしたいものですよね。

見ていて面白くない水槽ではせっかくの苦労も台無し。そこで、水槽が美しく見えるレイアウトの基本をまとめてみました。アクアリウムをはじめて立ち上げる方は、水槽をセッティングする前にぜひ読んでみてください。

水草のレイアウト

美しく見せるためのレイアウトのポイントを紹介します。

1.背の低い水草を前に、高いものをうしろに

背の高い水草を手前に配置すると、圧迫感が出てしまいます。

しかも、成長後に水槽全体を見えにくくしてしまいます。そのため、手前には背の低いもの、奥に行くにつれて背の高い水草を配置するとよいでしょう。

2.種類の違うものを隣どうしに

ココだけは押さえたい、アクアリウムのレイアウトの基本色や雰囲気の似た水草を近くに配置すると、変化に乏しいボンヤリした印象になります。

雰囲気の違うものを並べて、メリハリをつけましょう。

3.活着を活用する

石や流木に根を張る、いわゆる活着する水草を使うのもポイント。

通常は流木や石に縛って使います。その場合、レイアウトの変更のときに活着を壊さなければなりません。

そこで、小石に巻きつけるのが賢い方法。素材を崩さずに、レイアウトの変更がしやすくなります。

底砂

底砂の種類によって、適した水草は異なります。底砂の種類を簡単にまとめてみました。

ソイル

田んぼの泥を焼いて固めたものです。栄養素や水質の調整の役割も持っています。

栄養系と呼ばれるものは肥料がふんだんに含まれていて、長期的に安定した水槽づくりに役立ちます。もうひとつ、吸着系と呼ばれるものは、水槽の初期管理が楽ですが、長期的に使うには不便が多いものです。

ソイルはほぼすべての水草が育つので、便利です。

砂・砂利

砂や砂利は、かなりの長期維持を考えている場合に使います。多くの水草に適していて、活着する水草にも向いています。ただし、肥料のコントロールや水質調整の役割はないので、自分で調整する必要があります。

サンゴ砂

砕けたサンゴを使った砂です。水質をアルカリ性にするので、適応する水草は限られています。

ガラス系

アクリルの人工砂です。ビー玉などもこれに分類されます。どちらかといえば装飾のために使われます。

底に傾斜をつけてみよう

底砂はただ平らに敷くのでなく、傾斜をつけると奥行きが出ます。たとえば、手前が4cmなら、奥は14cmほどになるように傾斜をつけてみましょう。

最初は違和感があるかもしれませんが、水草が育つと立体的で奥行のあるアクアリウムになります。

照明

照明の使い分けも、水槽の印象を大きく変えるもの。上手に使い分けましょう。

蛍光灯

昔からよく使われるもので、比較的安価です。全体を照らすので、影ができにくのがメリット。色もバリエーションがあります。

そのかわり頻繁に交換が必要なのと、深さのある水槽は底まで光が届かないことがあるのがデメリットです。

メタルハイドライド

高価ですが、圧倒的な光量があります。水のゆらめきを美しく作ってくれるので、上手に使いたい照明です。

また、蛍光灯のように水槽の上を覆ったりしないので圧迫感がなく、陰影を狙ってつくりやすいという利点も。コストさえ考えなければ、非常に人気が高い照明です。

LED

電気代が安く、水温が上がりにくいLED。球の寿命が非常に長くて便利なのですが、ものによっては水草が育たないこともあります。

蛍光灯がベスト?

コストや手間を考えると、今のところは蛍光灯がベストだと思います。予算がある場合に、メタルハイドライドもよいでしょう。

LEDは、水草が育つものはまだまだ高価です。コスパが悪いので、それならほかの2種類を選ぶのが賢い選択ですよね。

コケ対策

水槽の管理で必ず経験するのが、コケの発生。私たちが悩まされるのは、主に3種類です。

茶ゴケ

最初に発生するのは、おそらくこの茶ゴケ。水替えなどで取り除くことができます。通常は放っておいても大丈夫で、自然になくなります。スポンジでもカンタンに落とせます。

アオミドロ

照明が強すぎたり、水中の養分が多すぎると発生するコケ。魚が泳げなくなるほど繁殖することもあるので、コケ対策のエビを入れたり、ホースで吸い出して遮光することで繁殖を抑えるのがポイント。

黒ひげゴケ

水槽を立ち上げてから時間が経つと発生するコケ。ろ過器などの機材についたものはいいのですが、石や流木につくと厄介です。削り落として除去しなければなりません。水換えの回数が少ないと発生するので、定期的に水換えをするよう気をつけましょう。

こんなレイアウトはいかが?魅力的なアクアリウムを紹介

アクアリウム デザイン画像1

奥は底が高くなっており、立体感があります。密集している水草も美しいですね。

アクアリウム デザイン画像2

こちらも水草の高さ、色づかいのバランスがよく、流木の使い方もセンスがいいです。

アクアリウム デザイン画像3

これはちょっと変わったレイアウト。スーパーマリオの世界をアクアリウムで再現しています。

レイアウトの専門家に依頼する

ここまでレイアウトのコツを紹介してきました。これらのコツを守ればある程度は形になりますが、それでも初心者が上手につくるにはやはり時間がかかります

それなら、専門家にレイアウトを作ってもらうほうが、はじめからアクアリウムを楽しむことができるんじゃないかと思います。メンテナンスも合わせてお願いできるので、苦労がなく、趣味として長く楽しめることは間違いありません

「レイアウトづくりを楽しみたい!」という強い動機があるのでなければ、はじめからプロに頼むことも検討してみる価値があると思います。

この記事を読んだ人がみている記事

デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

自宅のインテリアにしたいデザイン水槽「アクアリウム」を徹底リサーチ
自宅でインテリアとしての水槽を楽しむ、アクアリウムについて調べた内容をまとめてみました。アクアリウムの魅力から完成までの道のり、費用、レイアウトの参考になる事例画像も集めました。じっくり時間をかけて生態系をつくる自作水槽も素敵ですよね。そして、知人を家に呼んで自慢できるデザイン性の高いアクアリウムを、手間なく楽しみたい人はプロに任せるのがオススメですよ。
 
水槽をインテリアに!アクアリウムガイド