水槽をインテリアに!アクアリウムガイド
HOME » おしゃれな水槽ではじめるアクアリウム入門 » 汚れにくいアクアリウムの水環境に最適な「ろ過」

汚れにくいアクアリウムの水環境に最適な「ろ過」

アクアリウムの美しさを保つ「ろ過」の知識

可愛らしい熱帯魚や優雅に漂う水草を楽しみたいのであれば、アクアリウムを透明度の高い状態に保たなければなりません。
水槽の水が濁っていては、せっかくのインテリアが台無しになる上、生き物の健康を損ねます。
濁りを極力抑え、清浄な環境を保つためには「ろ過」装置についての知識が必要です。ここでは「ろ過」を行う意味と、その種類や装置、選び方について解説していきます。

アクアリウム「ろ過」が必要な理由

アクアリウムの汚れには、ごみや油膜のように目に見えるもの以外にも、熱帯魚や水草に大きなダメージを与える目に見えない汚れがあります。
この目に見えない有害な汚れの正体は、腐敗した食べ残しの餌や生き物の糞尿、枯れ葉、死骸などから発生するアンモニアです。 生物が流れのない水の中で暮らしていれば、こうした汚れの発生は避けられません。
そのため、アクアリウムの水を常にきれいに保つために、「ろ過」フィルターの設置が必要になります。
フィルター内部には汚れを除去、無害化するため、それぞれ必要な機能に合わせた「ろ材」が入れられています。

「ろ過」の種類

「ろ過」には「物理ろ過」「生物ろ過」「化学ろ過」の3つの種類があり、一般的な「ろ過」フィルターにはこれらのすべての機能が備わっています。
3種類の「ろ過」と、果たす役割、使われる「ろ材」は次の通りです。


ろ過の種類

役割

ろ材

物理ろ過

枯れ葉、死骸、糞など大きいゴミを取り除く

スポンジなど

生物ろ過

バクテリアの働きで不純物や有機物、有害物質を取り除く

多孔質・ビーズなど

化学ろ過

水の黄ばみ濁りの原因物質を吸着する

活性炭・ゼオライトなど

 

この中でも特に重要とされるのが、「生物ろ過」です。
「生物ろ過」がうまく機能すれば良好な飼育環境が整備されます。
「生物ろ過」では好気性バクテリアを利用して、飼育生物に悪影響を及ぼすアンモニアなどの有害物質を無害化していきます。

バクテリアの好循環がアクアリウムの環境を保つ

生きている以上、生き物は餌を食べ、糞を排出します。食べ残しや糞のような有機物を分解するためにも、バクテリアが働きます。
従属栄養菌、腐敗細菌と呼ばれるバクテリアは、タンパク質を含む有機物をアンモニアに分解する働きがあります。分解によって出現したアンモニアは、独立栄養菌のニトロソモナスによって亜硝酸塩に分解されます。亜硝酸塩はアンモニアほどではありませんが、毒性を持つ物質です。
同じ独立栄養菌のニトロスピラは、亜硝酸塩を分解してより毒性の低い硝酸塩へと変えていきます。この一連の流れを硝化と呼び、独立栄養菌のニトロソモナスやニトロスピラは、硝化バクテリアとも呼ばれています。
硝酸は水草などにある程度吸収されますが、蓄積されると生体に悪影響を与えます。また水質が酸性に傾くため、定期的な水替えは必要です。 ただバクテリア環境が整備されていないアクアリウムと比較すると、水替えの頻度は少なくて済みます。
アクアリウムを立ち上げ直後から硝化のサイクルが定着するまで、通常1ヵ月程度はかかると言われています。バクテリアは水中で自然に発生しますが、アクアリウムショップでバクテリア剤を購入することもできます。

バクテリアの種類

バクテリアは大きく2種類に分類されます。

◇好気性細菌

酸素をエネルギーとして、分解や増殖をする細菌です。「硝化」する活動は好気性細菌が担当しているので、増やすことで立ち上げに役立ちます。アンモニアを分解して亜硝酸に変えるその亜硝酸を分解して硝酸塩に変えるなど、水槽内ではとても良い働きをしてくれるでしょう。アンモニアを亜硝酸に変えるバクテリアはニトロソモナス属で、亜硝酸を硝酸塩に変えるバクテリアがニトロバクター属です。あまり聞いたことがないかもしれませんが、バクテリアにもそれぞれ役割があることをわかっていただけたでしょうか。

これらのバクテリアは水槽内で良い働きをしてくれるのですが、酸素がないと増殖できないという特徴があります。増えやすいように、酸素のある環境を作ってあげなくてはいけません。エアレーションなどを使い、酸素を水中に供給できると増殖しやすくなります。

◇嫌気性細菌

酸素をそれほど必要とせず、分解や増殖ができる細菌です。ただし、酸素が少なくてもいいというだけであって、酸素がないと増殖はできません。ただし、嫌気性細菌から生産される物質は、水質に悪い影響を与えます。水も匂いやすくなりますし、水質も悪化していくでしょう。そのため、水槽内には嫌気性細菌ができるだけ少ない状態が良いとされています。

2種類のバクテリアをご紹介しましたが、アクアリウムで必要とされるバクテリアは、好気性細菌に分類されるバクテリアです。何より大事なのは、酸素です。酸素が少ないと嫌気性細菌が大半を占めてしまい、好気性細菌が増殖できません。エアレーションを適切に使って増えやすい状態を作ってあげましょう。酸素を増やすと嫌気性細菌も増えてしまいますが、その分好気性細菌も増えてくれるので、酸素を与えてどんどん好気性細菌を増やしましょう。

バクテリア剤は必要?

バクテリア剤は市販されていますが、使っても意味がないといわれることも多いです。実際にアクアリウム上級者は使用していない人も多いのだとか。どうして意味がないといわれているのでしょうか?

◇どんなバクテリアなのかわからない

水をきれいにしてくれるバクテリアは、1種類だけではありません。多くの種類のバクテリアがある中で、市販のバクテリア剤にはどのバクテリアなのかがわからないですよね。水槽に定着しないバクテリアもあるので、市販のバクテリア剤を使ったからといって、バクテリアが増えてくれるとは限らないのです。そのことから、市販のバクテリアよりも自然と増えたバクテリアが一番安定する、と考えられています。

◇バクテリアの保存状態がわからない

市販されているバクテリアは、どのような保存状態だったのかがわかりません。生きた菌であるバクテリアは、高温や低温が長く続くと死滅します。菌食品であるヨーグルトや納豆も、冷暗所での保存が必要ですよね。それと同じで、バクテリアも生きている菌なのです。生存できる環境が限られています。

倉庫でどのように保管されているのか、輸送はどのようにされているのかまでわかればいいのですが、市販のバクテリアではその保証がありません。せっかく導入したバクテリア剤も、バクテリアが死滅していれば効果が出ないため、そもそも市販のバクテリア剤を使う意味はあるのだろうか?と疑問視されています

市販のバクテリア剤を使う意味がない、といわれている理由をご紹介しましたが、バクテリア剤を役立てることができる状況もあります。水槽を立ち上げたばかりでバクテリアがなかなか増えない時、またフィルターや砂利を敷かない時などです。早急にバクテリアを増やしたい時には、市販のバクテリア剤でも効果が期待できるでしょう。

「ろ過」フィルターの種類

「ろ過」をするためには、「ろ過」フィルターが必要となります。一般的に知られているフィルターには8種類ほどありますが、環境や水槽のサイズによって選択すると良いでしょう。
フィルターとその特徴、対応する水槽サイズなどは次の通りです。


フィルター名

対応サイズ

特徴

メリット

デメリット

外部フィルター

全サイズ

水槽から離して設置する

汎用性が高い

照明スペースがある

様々な種類のろ材を使用可

価格が高め

清掃の手間がかかる

外掛けフィルター

45センチ以下

縁に引っ掛けて使用する

安価

小型で手軽

照明スペースを確保できる

濾過能力が低い

調整が難しい

維持費がかかる

流動式フィルター

全サイズ

筒状のケース内でろ材が動く

生物濾過能力が高い

目詰まりしない

物理濾過機能がない

流通量が少なく高額な傾向

上部フィルター

30センチ以上

ポンプで水を汲み上げてろ過後に戻す

メンテナンスが容易

物理ろ過力がある

安価

見栄えが悪い

水の落下音、モーター音がする

底面フィルター

60センチ以下

底床全体をろ材にする

安価

生物ろ過能力が高い

設置スペースが不要

静か

底床掃除が手間

大型水槽に不向き

水槽によっては相性が悪い

投げ込みフィルター

45センチ以下

水槽の中にフィルターを入れて使用

安価

設置が容易

小型水槽のみ

別途エアポンプが必要

濾過能力が低い

スポンジフィルター

設置数による

エアポンプに取り付けるスポンジタイプのフィルター

安価

複数設置が可能

目詰まりしやすい

駆動音がする

オーバーフロー水槽

60センチ以上

ろ過槽のある水槽システム

濾過能力が最も高い

生体へのストレスが少ない

水質が安定する

高額

広い設置スペースが必要

総重量が大きい

 

「ろ過フィルター」は、アクアリウムの内容によって適応するものが変わります。
生体向きの上部フィルターや底面フィルター、水草向きの「外部フィルター」など、安価に設置できて比較的手入れのしやすいものから、本格的な流動式やオーバーフロー水槽まで予算と設置場所に応じて選択できます。
じっくりと比較検討して、自分だけのアクアリウムづくりを実現していきましょう。

デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

自宅のインテリアにしたいデザイン水槽「アクアリウム」を徹底リサーチ
自宅でインテリアとしての水槽を楽しむ、アクアリウムについて調べた内容をまとめてみました。アクアリウムの魅力から完成までの道のり、費用、レイアウトの参考になる事例画像も集めました。じっくり時間をかけて生態系をつくる自作水槽も素敵ですよね。そして、知人を家に呼んで自慢できるデザイン性の高いアクアリウムを、手間なく楽しみたい人はプロに任せるのがオススメですよ。
 
水槽をインテリアに!アクアリウムガイド