水槽をインテリアに!アクアリウムガイド

完成までの流れ

水槽のセットや機材の設置、水のセッティング、水草の配置まで、道具一式を揃えてから飼育を始めるために必要な作業を紹介しています。

アクアリウムをインテリアにするまでの流れをチェック!

アクアリウムを立ち上げるのに必要な道具が集まったところで、次に立ち上げ作業に入ります。これが水槽作成の醍醐味のひとつであり、苦労するところでもあります。まずはその流れを把握しておきましょう。

水槽のセッティング

最初に、水槽を置き、水草を植える準備をします。

水槽のセット 水槽は、水を入れるととても重くなります。水を入れてから水槽を動かすのは非常に手間がかかるので、水槽を置く場所は慎重に決めましょう。
日当たりのよい場所や、人の出入りが多いところは魚への刺激が強いので、咲けるのが無難です。
なお、買ったばかりの水槽はメラミンスポンジなどを使い、しっかりと洗いましょう。
出来上がりをデザインする 水草や、流木などの小物の配置をデザインしていきます。
水草は前景、中景、後景に向いたものがあり、それぞれの配置やバランスを考えながら買い揃えていきます。自由に植えていっても美しい水槽はできません。購入前に、しっかりとデザインをイメージしておきましょう。
ソイル、砂を入れる 水槽の底に入れる砂やソイルを入れます。
ソイルは洗わずにそのまま、砂はよく洗って底に入れます。4~5cmほどの深さにするとよいでしょう。砂の場合は、底床肥料も埋めておきます。
機材の配置 水草を植えたり、石を置いたりする前に、機材をセッティングしてしまいましょう。
ろ過器やヒーター、CO2強制添加装置などを配置していきます。水草を植えてしまうとセッティングがしにくいので、先に置いてしまうのがベター。
石や流木を配置 水草の前に、石や流木などの小物を置いていきます。水草の配置のイメージを思い出しながら、慎重に置いていきましょう。ヒーターやろ過器などを上手に隠せると、水槽が美しくなります。
レンゲやスクレーパーを使って、小物のそばに砂を寄せると安定します。

水のセッティング

水槽の準備ができたら、水槽の水質の準備をします。水槽の中で、アンモニアをバクテリアのはたらきで硝化するサイクルを作ります。3週間~1ヶ月ほどの時間がかかります。

カルキ抜き 水槽に入れる水のカルキを抜きます。カルキ抜きの薬剤などを使いましょう。
パイロットフィッシュ 水中にアンモニアを発生させるために、生命力の強いパイロットフィッシュを入れます。アカヒレやネオンテトラが一般的です。
エアレーション アンモニアの分解には酸素が必要です。そこで、エアレーションを使って水中に酸素を取り込んでいきます。空気中のバクテリアも取り込む効果があります。
水替え 最初はアンモニアを分解するバクテリアが少ないので、アンモニア濃度が高くなりすぎてしまいます。
アンモニア試験キットを使って、濃度が一定以上になったら水を3分の1ほど入れ替えます。
亜硝酸の検出・水替え 1週間ほどすると、アンモニア濃度が大幅に下がり、亜硝酸濃度が高まります。これは、アンモニアを分解するバクテリアが増え、亜硝酸を出しているからです。
これも同じように、濃度が高まったら水を3分の1ほど入れ替えます。
立ち上げ完了! ここまでくれば、魚がアンモニア濃度の高さで死亡する可能性はかなり低くなります。この段階で、ようやく魚を入れる準備が整いました。

水草の配置

水草を入れる場合は、随時水草を入れていきます。

水草の下処理 枯れかかった葉や、長すぎる根を切っていきます。作業中に水草が乾いてしまわないよう、霧吹きで水分を補給しながら進めるのがポイントです。
水草の植込み 水草は適当に植えるのではなく、前から後ろ、あるいは後ろから前へと慎重に植えていきます。ピンセットなどを使い、砂やソイルが巻き上がらないように、静かに植えていきましょう。
後景となる水草は、ろ過器などの配管を隠すように植えていきます。続いて中景、最後に前景と植えていきます。逆に前景から後景へと植えていく方法もあります。
しばらく様子を見る 水草を植えてすぐは、イメージ通りの美しさにはならないと思います。でも、それがふつう。残りは水草が成長することで完成していきます。
ここで手を入れたくなるのをグッとこらえるのが成功のポイント!1ヶ月くらいはレイアウトを変えずにガマンしてみましょう。

実はけっこう大変かも…

水槽の水を準備するだけで、これだけの工程があります。やりがいがあって楽しい反面、正直ちょっと面倒でもあります。

DIY派には嬉しいのですが「部屋にインテリアが欲しい」「アクアリウムの癒しが欲しい」と思っている人なら、水槽の立ち上げからメンテナンスまでやってくれる専門の業者に頼むのもアリです。初心者には難しい水質管理はもちろん、水草のレイアウトもしてくれます。プロのデザインですから、素人がやるより格段に美しくなります。

「自分で水槽をつくってみたい!」という方はともかく、水槽に癒しやインテリア性を求める方には、専門家にセッティングを依頼するのが吉です。

デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

自宅のインテリアにしたいデザイン水槽「アクアリウム」を徹底リサーチ
自宅でインテリアとしての水槽を楽しむ、アクアリウムについて調べた内容をまとめてみました。アクアリウムの魅力から完成までの道のり、費用、レイアウトの参考になる事例画像も集めました。じっくり時間をかけて生態系をつくる自作水槽も素敵ですよね。そして、知人を家に呼んで自慢できるデザイン性の高いアクアリウムを、手間なく楽しみたい人はプロに任せるのがオススメですよ。
 
水槽をインテリアに!アクアリウムガイド