水槽をインテリアに!アクアリウムガイド
HOME » おしゃれな水槽ではじめるアクアリウム入門 » 必要な道具とかかる費用

必要な道具とかかる費用

家庭用で一般的な横60cmの水槽を例にして、おしゃれなアクアリウム水槽をつくるまでの費用を一覧表にしました。初期とランニング、どれくらいのコストがかかるのでしょうか。

これだけで始められる!おしゃれな水槽に必要な道具と費用

これだけで始められる!おしゃれな水槽に必要な道具と費用

アクアリウムを始めよう!と思い立った時に、まず気になるのが必要な道具とコスト。

何事も新しく始めるには準備が必要です。必要なものや費用が分からなくては、始められるかどうかもわかりませんよね。おしゃれな水槽をつくるまでの費用を簡単にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

初心者向けアクアリウムに必要なもの

ここでは、家庭用として一般的な大きさの横60cmの水槽を使って、淡水で熱帯魚を20匹飼育する場合を想定します(水槽・水草が育つことも条件とします)。

もちろん水槽のサイズによって初期投資は変わりますが、一般の家庭にちょうどいいサイズで考えていきましょう。

 

機器(用品)の選び方

これからアクアリウムを始める場合、あらかじめ用意しておかなくてはいけない機器がたくさんあります。後から買い直しすることもできますが、やはり最初から自分が満足できる機器を用意しておけるように、選び方をご紹介します。

水槽

初心者の場合、あまりに大きな水槽を買ってしまうと扱いづらく、アクアリウムが失敗する恐れもあります。小型水槽、中型水槽から始めることをおすすめします。小型水槽は幅3cmのもの、中型水槽は幅60cmのものです。小型だとちょっと物足りないと感じる可能性もあるので、中型水槽が特におすすめ。また、あまりに水槽が小さいと水質を安定させづらく管理がしにくくなるという問題点もあるので、中型水槽のほうが扱いやすいでしょう。

最初は小さめから、徐々に大型へとステップアップしていくように水槽を選んでください。

水槽台

水槽台を選ぶうえで大事にしてほしいことは、水の重みをしっかりと支えられる頑丈さです。また、そこにプラスしてフィルターやCO2機器などの周辺機器を収納することができるか、水替えをするのにちょうどよい高さになるか、という点もチェックしましょう。水替えは意外と重労働で、あまりに高いと水替えが億劫になりお手入れ不足になりがちです。中型水槽の場合は、70㎏ほどにもなるので、見た目重視で強度のないものを選んでしまわないように気を付けてください。

最初は簡易的なもので挑戦してみようと考える人もいるかもしれませんが、簡易的なものでは重さに耐えられない可能性もあります。できるだけ頑丈でしっかりとしたものを探しましょう。

エアレーション

エアレーションは、水に酸素を溶け込ませることを言います。水が酸素に溶け込んでいる量のことを、溶存酸素量と呼んでいるのですが、この溶存酸素量を維持するためにエアレーションは必要です。酸素がないと、魚たちは生きていくことができないからです。
エアレーションは、いわゆる水槽の中でブクブクしている気泡を作り出すのが役目。もちろん、エアレーションがなくても、フィルターが動いていれば自然に酸素が水中に取り込まれていくのですが、酸素を取り込まなくてはいけない状況の時にはエアレーションを使って酸素を送り込んであげなくてはいけません。

特に水温が上昇する夏場や、水槽内の飼育数が多い場合、水が汚れやすい環境などです。ただし、エアレーションも意味のない状態で使っていては効果が期待できません。できるだけ気泡が小さく、送り込める量が多いものを選びましょう。エアレーションは何より性能が大事です。

フィルター・ろ過器

フィルターやろ過器は、水質をいい状態で保つためには欠かすことができません。水槽の中には、魚のふん・餌・水草の枯れたものなどが多く漂います。これらがずっと漂っていると有害物質が発生して水がどんどん汚れていきます。フィルターやろ過器によって水を美しく保つことができるので、アクアリウムを始める際には必ず用意しましょう。

フィルターには様々な種類があり、外部取り付けのものからスポンジのもの、投げ込みのもの、上部取り付けのものなど…様々です。その中でも、多くの人が選ぶのが外部取り付け型ですね。ろ過能力も高いですし、静かなので音も気になりづらいです。どんな水槽であっても対応してくれるため、選ぶ水槽を問いません。

最初は扱いやすく、しかもろ過する能力も十分にあるものを選んでおきましょう。

ろ材

ろ過装置やフィルターの中に入れるものをろ材と呼んでいます。ろ材の種類は、生物ろ材・物理ろ材・科学ろ材・吸着ろ材と分けられています。どのろ材をどれぐらい入れるかによってフィルターの能力が変わるため、配分をしっかりと考えなくてはいけません。特に大事なのは生物ろ材で、有害物質を無害化したりメンテナンスの回数を減らしたり、水質を維持するために働きます。どのろ材を使っても同じと思ってしまうかもしれませんが、形や素材など種類も様々。

初心者が扱いやすいものかどうかは自分で判断しづらいかもしれませんが、バクテリアが定着できる面積が大きく、水流が流れやすい、そして水質に悪い影響を与えないものを選ぶと確実です。

ソイル(底床)

ソイルは底床で使われる代表的なもので、土を焼いてできています。丸い粒上にしている理由は、泥が水中に舞うのを避けるため、そして通水性を保って微生物やバクテリアが生息・定着しやすいような土壌をつくるためです。ソイルは、最初から栄養成分が含まれており、熱帯魚や水草が好み弱酸性の水質を作りやすくしてくれるといったメリットがあります。また硬度を下げたり、亜硝酸などの生体にとって毒である物質を吸収するという特徴も。一度入れると1年から2年ほどは使うことができますが、寿命はあるため定期的な入れ替えを必要とします。

ソイルにも、栄養が豊富な栄養系ソイルと、有害物質を吸着しやすい吸着系ソイルと種類が分かれています。どちらかだけしか能力がないというわけではないのですが、より重要視したい能力のソイルを選ぶようにしましょう。

CO2添加機器

CO2は水草や熱帯魚が健康的で元気に育つために欠かせません。CO2を添加する方法としては、主に4つ。ボンベ型、発酵式、タブレット型、自然溶解となっています。アクアリウムで最も一般的な方法はボンベ型ですね。ボンベに入っている二酸化炭素を、チューブを通じて水中に放つ、という方法となっています。CO2の量も調節できるので、水槽の大きさに合わせて設定ができます。また電磁弁を取り付けることで自動化も可能です。ただし、問題はその費用。あれこれとそろえなくてはいけないときに、CO2もボンベでとこだわってしまうと、金銭的負担が大きいです。とはいえ、これから本格的にアクアリウムを始めるというのであれば、ボンベ型をおすすめします。

照明

照明は水槽を演出するために欠かせない機器ですが、初心者向けなのはLEDの照明です。照明の種類からご紹介すると、LED・メタハラ・蛍光灯に分けられます。この中で、明るくてコンパクトなのはLEDで、寿命も長いです。蛍光灯は昔から使われてきた照明として、メタハラは光線が強いため水草も育てやすいとしてまだまだ使っている人もいますが、最近はLEDを使う人が増えています。基本的にはLEDを使うと間違いはないでしょう。次に設置方法についてですが、上置型と吊り下げ型があります。吊り下げ型は主にメタハラの場合に使うため、LEDだとほとんどが上置型となるでしょう。強さは水深によって異なるため、水槽に合わせて光の強さを調整しながら選ぶ必要があります。

最初に必要な道具と費用

水槽 2,000円~ まずはこれが無くては始まりません。30cm~90cmほどが一般的なサイズです。
水槽台 7,000円~ 水槽にはたっぷりの水が入り、80kgぐらいになります。普通の台では耐えきれません。そこで、専用の台を購入します。また、下に敷くマットは1,000円ほどから。
照明 4,000円~ 水槽の美しさを決めるものの一つが照明。蛍光灯やLED、メタルハライドランプなどがあります。通常は蛍光灯やLEDで十分です。LEDはものによっては水槽の育成に向かないことがあるので注意しましょう。
魚のえさ 300円~ 熱帯魚用のものを選びましょう。底に沈むもの、水に浮かぶものなどがあり、買っている魚の種類に応じて選びます。
熱帯魚 5,000円~ これがなくては始まりませんよね。60Lの水槽をメジャーな魚でいっぱいにするなら、5,000円以上はほしいところです。
水草 3,000円 意外と高いのが水草。最初は最低限のものを買って、自分で増やす方が安く済みます。
バックスクリーン 500円~ 水槽の背景になるもの。これを変えると水槽の印象がガラッと変わります。
ろ過装置 7,000円 水槽の水は常にろ過してきれいな状態を保たなければなりません。いろいろ種類がありますが、60cm以上のものなら外部フィルターを用意しましょう。また、ろ過装置に入れる「ろ材」は2,000円ほどから。
CO2強制添加器 10,000円~ 水草が光合成するためのCO2を添加するためのもの。無くても大丈夫ですが、あると水草が美しく育ちます。また、これをON/OFFする電磁弁は4,000円ほどから。
クーラー・ヒーター それぞれ2,000円~ 水温を調整するクーラーやヒーターが必要です
電源タイマー 2,000円~ 時間によって照明をつけたり切ったりするためのタイマー。手動でON/OFFするのは大変なので、ぜひ用意しましょう。
底床 2,800円~ 水草を植えるための土。いろいろな素材がありますが、普通のものなら9Lで2,800円ほど。パウダータイプなら同量で5,500円ほどから。
水質調整剤 500円~ 水道水の有害物質を無害化するための調整剤です。
エアレーション 500円~ よく水槽についている、泡がぶくぶくしている器具です。水中に酸素を取り込むのに必要です。
トリミングバサミ、ピンセット 2,000円~ 水草を管理するのにつかうハサミやピンセット。柄が長いものを選びましょう
水温計 1,000円~ 四季によって大きく水温が変わるので、水温計を見ながらヒーターやクーラーを調整しましょう。
水質測定キット 1,000円~ 水中のアンモニアや亜硝酸、硝酸、ph、硬度などをはかるキット。最初は特に必要です。
プロホース 1,000円~ 水槽からバケツに水を移すのに使うポンプです。
コケ取り 100円~ 水槽のコケを落とすスポンジ。「激落ちくん」などがいいでしょう。
 

コラム:熱帯魚・海水魚の違い

熱帯魚・淡水魚・海水魚の違い必要な道具や費用一覧で書きましたが、熱帯魚というのは文字どおり暖かい地域に生息している魚です。水温は26度前後を保つことが要求され、飼育の難易度は低くアクアリウム初心者にオススメといえます。

一方、海水魚はアクアリウム上級者向け。海のなかで生息している魚ということもあり、飼育は非常に難しいといえます。

熱帯魚や淡水魚とことなり、海水魚の糞は毒性が強く、高性能なろ過装置を用意して適切な量のバクテリアを水槽内に送り込む必要があります。さらに、大量の酸素を必要とするものの、海水は酸素が溶けにくいため、特殊な方法で酸素を送り込まなければいけないのです(水槽設備なども専用のものが必要になります)。

 

初期費用は70,000円ほどから

お部屋のインテリアにするレベルだと、だいたい70,000~100,000円ほどの初期投資をみておけばよいと思います(水草を自分で育てないなら、もう少しコストは下げることができます)。

 

維持費用(ランニングコスト)

では、水槽に必要な道具を揃えてアクアリウムを立ち上げた後には、どれくらいの費用が必要になるでしょうか。

エサ代

魚のエサはほとんどコストがかかりません。100gで500円ほど、これで5か月は持つので、月に100円ほどでしょう。

水草の肥料

水槽内の養分はだんだん薄まるので、肥料を追加する必要があります。250mlで1,500円ほど、これを3か月で使うと考えれば月に500円ほどです。

消耗品

アクアリウムを維持するためには、エサ代のほかにも結構な種類の消耗品を購入および交換する必要があります。※使用環境などにより、交換時期や費用目安は異なります。

消耗品 交換時期 費用目安
ウールマットやスポンジ(ろ過材) 2週間~1ヶ月 300~1,500円
外掛けフィルター用交換ろ過材 2週間 300~2,000円
ボール状・リング状ろ過材 4~6ヶ月 1,000~3,000円
活性炭・吸着剤 1ヶ月 1,500~3,000円
ソイル 6ヶ月 1,500~3,000円
蛍光灯・LED 6ヶ月 7,000~15,000円
ヒーター(予備も必須) 6ヶ月 1,500~4,000円

魚が死んだ場合

自分で手をかけて作り上げたアクアリウムでも、少しでも手間をさぼるとすぐに魚は死んでしまいます。そうなったら、もちろん自分で魚を買いに行かなければいけませんし、その際の手間と費用がかかります。参考までに、いくつかの熱帯魚(淡水魚)の価格を紹介しますね。

  • ブルーエンゼル(3匹)…1,500円
  • ダイヤモンドネオンテトラ(10匹)…2,246円
  • レッドダイヤモンドネオンテトラ(10匹)…2,037円
  • コーヒービーンテトラ(5匹)…2,592円
  • ブルーグラスグッピー(2匹)…1,296円
  • スマトラ(10匹)…3,024円
  • ホワイトバタフライ(1匹)…4,320円
  • ハーフオレンジレインボー(3匹)…1,523円
  • スーパーレッドビーシュリンプ(3匹)…1,058円
  • 淡水エイ(1匹)…10,000円~

思ったよりかかるランニングコストと手間

自分で組み上げるアクアリウムは、かなりの初期投資が必要なうえ、維持費と手間もかかります(とくに魚が死んだ場合の買いに行く手間と費用が大きい)。

自由な時間と、趣味にかけられるお金に余裕のある人で「絶対に水槽を作りたい!」という相当な熱意があれば、かけがえのないアクアリウムができあがると思いますよ。

 

水槽の選び方とかかる費用を比較

横30cmの水槽

30㎝の水槽は、比較的小ぶりなタイプです。アクアリウムを始めてみたいけど、いきなり大きな水槽はちょっと…と自信がない人や、置く場所が狭いから小さな水槽がいいという人におすすめです。玄関先に、小さなカウンターの上になど、小さいからこそ置ける場所も多くなります。

小型の水槽なので、設備として必要な用具も比較的安く手に入れることができます。 フィルター・濾材・照明・ヒーターなどは1,000円前後ですし、底砂は少なくていいので、2㎏ほどで400円もあれば十分足りるでしょう。それでも合計は7,000円ほどになるため、安いといってもそれなりに費用はかかります。

小型の水槽で飼育できる魚は限られているので、どんな魚を入れるか考えていきましょう。

メダカ:10匹程度

メダカは日本でも馴染みが深いですよね。メダカの品種改良も進んでおり、様々なメダカが存在しています。日本の四季の水温に対応してくれるため、水温調節が楽で初心者でも飼育しやすい魚です。

ベタ:1匹

美しいヒレを持っているベタは、人気が高まっている魚です。1匹としているのは、ベタはとても気が強い熱帯魚だからです。同種であっても構わず攻撃を仕掛けてしまいます。30㎝でも存在感があるベタなら、1匹で十分でしょう。

ネオンテトラ:10匹程度

アクアリウムの定番といわれており、小型の魚なので水槽が小さくても十分飼育することができます。ネオンテトラはすべて同じ体の色をしているので、水槽に統一感が出ます。

グッピー:10匹程度

熱帯魚の中でも知名度が高いグッピーは、10匹入れるだけでもかなり鮮やかな水槽になります。小型なのでグッピーの鮮やかさがより際立ちますね。

30㎝水槽では海水魚の飼育は難しいため、淡水魚をおすすめします。

横90cmの水槽

90㎝の水槽は、比較的大きな水槽です。初心者でいきなり90㎝に挑戦するという人は少ないのですが、ある程度小型の水槽で飼育にも慣れてきて、もっと魚の数を増やしたい、もっと大きな魚を飼育したいという場合には考えてもいいサイズの水槽ではないでしょうか。

どれぐらいの用具が必要なのかというと、濾材・照明はそれぞれ10,000円から15,000円ほど、そしてヒーターは2,000円~3,000円程度、底砂は10㎏ほど必要なので2,000円はかかります。中でも水槽は、90㎝というだけあって高額です。長く良い状態で飼育し続けるためには、水槽で安くても50,000円ほどはかかると考えておきましょう。あれもこれもと揃えていると合計で10万円近くになります。

飼育できる魚に関してですが、淡水魚だけでなく、海水魚も選択肢として考えることができます。

  • 淡水魚の場合
  • 淡水魚で人気の品種は、30㎝水槽でもご紹介したような小さめの魚が人気です。メジャーなのはネオンテトラやグッピーなど。温和な性格同士の淡水魚であれば、混泳させて楽しむこともできます。水槽のサイズが大きくなる分、より多くの魚を入れて泳がせることができるでしょう。

    大きな水槽になると、淡水魚と一緒に水草を入れるのもおすすめです。水草があるだけで一気に水槽が華やかになり、見た目も良くなります。癒し効果もアップするので、より見ていて楽しい水槽が出来上がりますね。

  • 海水魚の場合
  • 大きくなりやすい魚、混泳が向いていない魚などもあるのですが、やはり人気はカクレクマノミやナンヨウハギなど、見た目がとても鮮やかなものですね。混泳させたい場合は購入する際に一緒に泳がせることができる魚について聞いておきましょう。海水魚の場合はより水槽のお手入れも大変にはなりますが、その分選べる魚も多くなって鮮やかな水槽になります。

専門業者に依頼する方がラクかも?

悩んでいる女性 イラスト意外と安いランニングコスト。これなら自作の水槽でいいかな、と思う方も多いかもしれません。

ところが、費用は安くても手間はかかるんです。メンテナンスはもちろん、設備を入れ替えたり、デザインを工夫するのは簡単なことではありません。

水槽が汚れるたびに水を入れ替え、コケを落とすのは大変なことです。何しろ、60cmの水槽でも重さは80kgになります。これを持ち上げたり下ろしたりするのは大変ですよね。

面倒なことはせずにアクアリウムを楽しむなら、専門業者に頼むのも大いにアリだと思います。もちろん費用はかかりますが、置く場所や目的に合わせて、専門知識を活かした提案を受けることができます。

設備の選択はもちろん、メンテナンスやデザインも任せられます。メンテナンスのたびに、専門家が新しい魚を見繕ってくれるなんて、楽しいと思いませんか?

自分でつくる楽しみもありますが、手間はかけずに楽しいところだけ楽しんじゃうのもオススメですよ!

おすすめアクアリウム専門業者とその費用

アクアリウムは自分で始めるために、いろいろなものを揃えなくてはいけません。初心者にとっては全てが初めての経験で、どうやってやったらいいのか、どうしたらアクアリウムが成功するのか、頭を悩ませることも少なくないでしょう。自己流で始めてみたものの、数日後にはせっかく入れた魚が死んでしまった…なんて悲しいことが起こるかもしれません。最初からパーフェクトにできる人は少ないと思いますが、アクアリウムは軌道に乗るまでが大変です。

そこで楽にアクアリウムを楽しむ方法として、プロにお任せしてしまうのもありです。アクアリンクは、家庭用のアクアリウムも手掛けています。オーダー水槽であれば60cm水槽までなら3万円から、そして設置料は無料です。さらに、1年で契約をして毎月出張してもらってメンテナンスを行いますが、その費用も月に9,800円からとなっています。買い取りではなくリースで依頼することもできるので、初期費用を抑えてアクアリウムを導入することもできるでしょう。

特に自分では難しいおしゃれで美しいアクアリウムを提案してもらえるので、満足できるアクアリウムを手に入れることができます。

アクアリウムには水温管理が重要

アクアリウムをベストな状態で保つために何より大事なことは、水温です。水温調整がどの季節でも一定になっていないと、熱帯魚にも水草にも、そして水にも悪い影響が出てしまうでしょう。

水温管理は夏場が鬼門

水温管理はどの季節でも気を付けなくてはいけないのですが、特に気を付けなくてはいけない季節が夏場です。春や秋はあまり水温管理に気を付けなくても何とかなるのですが、問題は気温が大きく変化する夏と冬。冬はヒーターで水温を上げるだけなので比較的簡単に水温調節ができるのですが、特に問題となるのが夏ですね。

水温はなかなか下げることができないため、どんどん上がっていってアクアリウムが台無し…なんてことも。夏場にちゃんと水温管理ができるかどうか、が大きな課題となります。夏場の水温管理の方法は費用についてご紹介します。

冷却ファンを使う

水槽用の冷却ファンは、いわゆる扇風機のようなものです。水槽にクリップなどでファンを取り付けて、風を送ると気化熱が発生しますそれを利用して水温を下げるという仕組みですね。水槽の温度が3℃ほど下がるとされているので、非常に効果的な水温管理方法といえるでしょう。

冷却ファンを使ってうまく水温が下がればいいのですが、それでもなかなか下がらないことがあります。室内の湿度が高かったり、そもそも気温が非常に高くて気化熱だけではどうしようもないときです。その場合は違う方法も併用して水温を下げる必要があります。

  • 冷却ファンを使うメリット

とにかく費用が安い、というところです。水槽用の冷却ファンを使う以外にも、小さなファンを改造して使うこともできます。

  • 冷却ファンを使うデメリット

部屋の湿度を上げてしまうというところです。湿度が高くなるとそれ以上は水温も下がらなくなります。冷却ファンでの水温管理には限界があるでしょう。また音もデメリットになります。扇風機を使っているときでも、風を切る音ってしますよね。それと同じような音が発生するので、夜眠るときなどに気になる可能性があります。

そしてもう1つだけ、水の減りの心配です。気化させていくので水槽の水は早く減ってしまいます。ちゃんと水を足してお手入れしなくてはいけません。

水槽用のクーラーを使う

水槽にクーラーを直接取り付けることによって、水温を効率的に下げることができるでしょう。チラー式とペルチェ式の2種類に分けられており、それぞれに特徴があります。

チラー式について

冷蔵庫でも使用されている冷却方法なので、冷やす能力がとても高いです。水温管理がしやすいとされています。

  • チラー式のメリット

水温を維持してくれるところがチラー式最大のメリットです。水温の変動がなければ、その分熱帯魚や水草が安心して過ごすことができるでしょう。お手入れの手間も減ります。コストがかかりそうなイメージがありますが、一気に冷却ができるので、消費電力としてはそれほどかかりません。

  • チラー式のデメリット

水槽用のクーラーは大きく、ホースなどもつなげて設置しなくてはいけません。水槽とは別にクーラーを設置するスペースを設ける必要があります。また、設置の仕方によってはクーラーの効きが悪くなってしまい、部屋の温度を上げてしまう可能性があるでしょう。音も大きめなので、夜間の使用は気を付けなくてはいけません。

ペルチェ式について

ペルチェ素子に電気を流す方法で、自動車用の冷蔵庫などに用いられています。チラー式よりもパワーが弱いため、小さな水槽にぴったりです。

  • ペルチェ式のメリット

初期投資が少なく済む、という点が水槽用クーラーの中でペルチェ式を選ぶメリットです。小型の水槽であれば十分冷却効果があります。また、動作にあたってあまり音が発生しないため、夜間でも安心して使えます。

  • ペルチェ式のデメリット

水温の冷却効率は弱いため、安定した水温を保てない可能性があります。特に気温が高くなる真夏は気を付けましょう。しっかり冷やそうとパワーを使うと、想像以上に電気代を必要とするため、コストには気を付けなくてはいけません。

家庭用のクーラーを使う

家庭用のクーラーはどの家にも設置されている、というほど現代の家庭では当たり前の存在になっています。夏場は家庭用のクーラーを使って過ごしている、という人も多いはず。その場合は同時に水温も下げることができるでしょう。

  • 家庭用クーラーのメリット

室温を下げることで水温が下がるため、部屋にいる人も涼みながら過ごすことができます。水槽に余分な設備をつける必要がないので、すっきりとした水槽周りが実現します。

  • 家庭用クーラーのデメリット

水槽を設置している部屋につけるとなれば、初期投資が高くなります。

コストで比較してみよう

3つの主な水温調整方法をご紹介しました。水槽が置いてある場所によっても、最適な冷却方法は異なります。そして、何よりも気になるのがコストではないでしょうか。水温を安定させたいといっても、毎日のコストがかかりすぎて頭を悩ませるようでは、心の底からアクアリウムを楽しむことができません。

まずは購入する際のコストです。最安値はやはり冷却ファンですね。比較的安価に購入できますし、自分で改造して作るとなれば、1,000円程度でも足りるのではないでしょうか。次に水槽用のクーラー、家庭用のクーラーとなります。水槽用のクーラーは30,000円から50,000円ほど、家庭用クーラーは50,000円ほどからです。

ただし、家庭用クーラーが設置されている部屋にある水槽の水温を冷やしたいなら、家庭用クーラーの購入は必要ありません。そのため、最もコストがかからない方法といえるでしょう。

次に、ランニングコストについて考えてみましょう。こちらも冷却ファンが最も費用を抑えられます。1か月でも200円程度となっています。そして、水槽用クーラーが月3,000円から5,000円ほど、家庭用クーラーになると10,000円ほどになるでしょう。

どれぐらいの費用をかけられるかによっても、選択できる水温調整方法は異なります。夏場の水温上昇は最も気を付けたいことの1つなので、気温が高くなって水温の上昇に悩まされる前に、何らかの方法を見つけたいですね。

冬場の水温対策~ヒーターの導入~

水温は魚にとってとても大切です。人間も、暑さや寒さはクーラーやエアコンなどで調整しますよね。魚も、冷たい水はあまり好きではないため、冬場は水温を上げなくてはいけません。熱帯魚はもともと熱帯地域で生息していたので、22度から28度が理想とされています。

水温低下が起こると熱帯魚はどうなってしまうのかというと、そもそも生きられなくなります。置く場所によっても変わりますが、水温が10度以下になってしまうことも。適温から12度も下がってしまいます。そこで、水温を上げるために使わなくてはいけないのがヒーターです。ヒーターで水を温め、そして温まったらサーモスタットという温度を設定する機器が自動でヒーターを消します。また水温が下がってきたらヒーターのスイッチがオンになる、という仕組みです。

セパレート型や一体型といくつか種類がありますが、初心者でも使いやすいのは一体型ですね。冬場には必ず使わなくてはならないものなので、あらかじめ用意しておくといいでしょう。水槽のサイズに合わせて、ヒーターのパワーの強さも選ぶといいですね。

ただし消耗品なので、1年に1度、ワンシーズンごとに買い替えをしてください。冬場は魚にとって過ごしやすい水温をヒーターで作ってあげましょう。

デザイン水槽でつくる自分だけのパーソナルアクアリウム入門

自宅のインテリアにしたいデザイン水槽「アクアリウム」を徹底リサーチ
自宅でインテリアとしての水槽を楽しむ、アクアリウムについて調べた内容をまとめてみました。アクアリウムの魅力から完成までの道のり、費用、レイアウトの参考になる事例画像も集めました。じっくり時間をかけて生態系をつくる自作水槽も素敵ですよね。そして、知人を家に呼んで自慢できるデザイン性の高いアクアリウムを、手間なく楽しみたい人はプロに任せるのがオススメですよ。
 
水槽をインテリアに!アクアリウムガイド